ようへい

2012年10月11日木曜日

10/11 Android ニュースひとまとめ

富士通がArrows タブレットの新製品 F-05E をドコモ向けに発表しました。特徴は10.1インチで1920 x 1200 のフルHD超 (WUXGA) IPS液晶に4コア 1.7GHz駆動 Tegra 3 プロセッサ、2GB RAM、Xi (LTE)、10080mAh(!)の大容量バッテリーなどハイエンド仕様を備えること。

さらに IPX5/8の防水・防塵、NOTTV /モバキャスとワンセグチューナー、DTCP-IP対応でレコーダの番組を持ち出せるDLNA対応など、国内で特に喜ばれる機能にも対応します。
ドコモArrows Tab F-05E発表、10型WUXGAで防水・4コア・LTE対応 - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2012/10/11/arrows-tab-f-05e-10-wuxga-4-lte/
富士通、全く懲りてないんですね。
発熱コンボでおなじみの防水+クアッドコア。
そして発熱後は、富士通おなじみの機能制限がかかると推測されます。
これまで何度もユーザによって指摘されていますが、相変わらずのようです。
このような状況で、富士通製のタブレットを買うユーザが居るのか、買うユーザが居なくて、発売後不具合すら報告されないんじゃないかと思っています。
Nexus 7 で充分です。
関連記事

2 件のコメント:

  1. 使ってないのによく言えるなあ・

    返信削除
    返信
    1. スミマセン
      この時はまだ発売されていない端末だったため、富士通の過去のスマフォなどの情報をもとに書いています。
      発熱による機能制限は富士通お馴染みだったので、それをもとに推測で書きました。
      また、個人のブログですので私個人の考え、推測が含まれることご了承ください。
      (企業が運営するニュースサイトではありません)

      削除