ようへい

2017年9月23日土曜日

平成27年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問11

共通フレームにおけるシステム開発プロセスのアクティビティであるシステム適格性確認テストの説明として、最も適切なものはどれか。
  1. システムが運用環境に適合し、利用者の用途を満足しているかどうかを、実運用環境又は疑似運用環境において評価する。
  2. システムが業務運用時に使いやすいかどうかを定期的に評価する。
  3. システムの投資効果および業務効率の実績を評価する。
  4. システム要件について実装の適合性をテストし、システムの納入準備ができているかどうかを評価する。
解法
システム適格性確認テストというのはシステム要件を満たしているかを確認するテスト。
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿