ようへい

2017年9月12日火曜日

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問12

クラスタリングシステムで、ノード障害が発生したときに信頼性を向上させる機能のうち、適切なものはどれか。
  1. アプリケーションを代替ノードに転送して実行するためのホットプラグ機能が働く。
  2. アプリケーションを再び動かすために、代替ノードを再起動する機能が働く。
  3. 障害ノードを排除して代替ノードでアプリケーションを実行させるフェールオーバ機能が働く。
  4. ノード間の通信が途切れるので、クラスタの再構成を行うフェールバック機能が働く。
解法
フェイルオーバー
フェイルオーバー(英: Failover)は、現用系コンピュータサーバ/システム/ネットワークで異常事態が発生したとき、自動的に冗長な待機系コンピュータサーバ/システム/ネットワークに切り換える機能を意味する。これに対して、何らかの異常を察知して、人間が手動で切り替えを行うことをスイッチオーバーという。
システム設計において、高い可用性と信頼性が要求される場合、フェイルオーバー機能を組み込むのが一般的である。
フェイルオーバー - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/フェイルオーバー
正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿