ようへい

2017年9月23日土曜日

平成27年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問12

新システムの受入れ支援において、利用者への教育訓練に対する教育効果の測定を、カークパトリックモデルの4段階評価を行う。
レベル1(Reaction)、レベル2(Learning)、レベル3(Behavior)、レベル4(Results)の各段階にそれぞれ対応したa~dの活動のうち、レベル2のものはどれか。
  • a 受講者にアンケートを実施し、教育訓練プログラムの改善に活用する。
  • b 受講者に行動計画を作成させ、後日、新システムの活用状況を確認する。
  • c 受講者の行動による組織業績の変化を分析し、ROIなどを算出する。
  • d 理解度確認テストを実施し、テスト結果を受講者にフィードバックする。
  1. a
  2. b
  3. c
  4. d
解法
アメリカの経営学者のカークパトリック博士が1959年に提案した教育の評価法のモデル。教育の評価は、教育プログラムの改善や教育品質、効率向上のために重要であり、カークパトリックの4段階評価法が世界的に定着している。4段階モデルとは、

・レベル1:Reaction(反応)
受講直後のアンケート調査などによる学習者の研修に対する満足度の評価

・レベル2:Learning(学習)
筆記試験やレポート等による学習者の学習到達度の評価

・レベル3:Behavior(行動)
学習者自身へのインタビューや他者評価による行動変容の評価

・レベル4:Results(業績)
研修受講による学習者や職場の業績向上度合いの評価
カークパトリックの4段階評価法 | 日本イーラーニングコンソシアム
http://www.elc.or.jp/keyword/detail/id=82
受講後の学習について評価するので、正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿