ようへい

2017年9月23日土曜日

平成27年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問14

BABOKでは、要求をビジネス要求、ステークホルダ要求、ソリューション要求及び移行要求の4種類に分類している。
ソリューション要求の説明はどれか。
  1. 経営戦略や情報化戦略などから求められる要求であり、エンタープライズアナリシス活動で定義している。
  2. 新システムへのデータ変換や要因教育などに関する要求であり、粗粒―ションのアセスメントと妥当性確認の活動で定義している。
  3. 組織・業務・システムが実現すべき機能要求と非機能要求であり、要求アナリシスの活動で定義している。
  4. 利用部門や運用部門などから個別に発せられるニーズであり、要求アナリシスの活動で定義している。
解法
「要求」は、利用部門などから出てきた整理されていないあいまいな要望(単に要望ということもある)、もしくは、その要望を利用部門などが自ら整理したものだ。そこには主観的な思いが入っている。それに対して「要件」は、利用部門に属さないITエンジニアなどの第三者が、要求を客観的に分析し取りまとめたものである。

4種類の要求を区別する
BABOKでは、要件という言葉を使わず、「要求(Requirements)」で統一している。その代わりに、「優先順位付きの(Prioritized)」や「承認された(Approved)」という形容詞を付けて区別している。承認された要件定義書に記述されたものであれば、「承認された要求」と表すわけだ。
BABOKで“超上流”を強化する - Part2 4種類の要求を区別する:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100726/350678/
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿