ようへい

2017年9月24日日曜日

平成27年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問21

OLAPによって、商品の販売状況分析を商品軸、販売チャネル軸、時間軸、顧客タイプ軸で行う。
データ集計の観点を、商品、販売チャネルごとから、商品、顧客タイプごとに切り替える操作はどれか。
  1. ダイス
  2. データクレンジング
  3. ドリルダウン
  4. ロールアップ
解法
OLAP
OLAPはonline analytical processingの略であり、複雑で分析的な問い合わせに素早く回答を行う方法の事である。
ダイシング(だいしんぐ)
dicing / ダイス
多次元分析の方法の1つ。OLAPキューブで集計項目(ディメンション)を縦軸・横軸に指定して2次元の表を作成する(スライシング)が、その軸を入れ替えて集計軸の異なるさまざまな表を表示する操作のこと。
情報マネジメント用語辞典:ダイシング(だいしんぐ) - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0408/01/news003.html
ということで正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿