ようへい

2017年9月13日水曜日

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問46

DFDにおけるデータストアの性質として、適切なものはどれか。
  1. 最終的には、開発されたシステムの物理ファイルとなる。
  2. データストア自体が、データを作成したり変更したりすることがある。
  3. データストアに入ったデータが出て行くときは、データフロー以外のものを通ることがある。
  4. ほかのデータストアと直接にデータフローで結ばれることはなく、処理が介在する。
解法
データフロー図
データフロー図(Data Flow Diagram、DFD)は、情報システムのデータの「流れ; flow」をグラフィカルに表現する図である。システム設計段階の初期に描かれることが多い[1]。データフロー図はデータ処理の可視化にも使われる(構造化設計)。
ルール
DFDの作成には下記のルールが有る。
・プロセスには最低1つずつ、入力と出力のデータフローと結ばれている必要がある。
・プロセスは、データに何らかの変更を加え出力しなければならない。
・データストアには最低1つのデータフローと結ばれている必要がある。
・外部実体は、最低1つのデータフローと結ばれている必要がある。
・データフローは最低1つのプロセスと結ばれている必要がある。
データフロー図 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/データフロー図
データとデータの間にはプロセスが存在する。
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿