ようへい

2017年9月23日土曜日

平成27年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問4

オブジェクト指向設計における設計原則のうち、開放・閉鎖原則はどれか。
  1. クラスに持たせる役割は一つだけにするべきであり、複数の役割が存在する場合にはクラスを分割する。
  2. クラスを利用するクライアントごとに異なるメソッドが必要な場合は、インタフェースを分ける。
  3. 上位モジュールは、下位モジュールに依存してはならない。
  4. モジュールの機能には、追加や変更が可能であり、その影響が他のモジュールに及ばないようにする。
解法
開放/閉鎖原則
開放/閉鎖原則(かいほうへいさげんそく。open/closed principle、OCP)とは、オブジェクト指向プログラミングにおいて、クラス(およびその他のプログラム単位)は
・拡張に対して開いて (open) いなければならず、
・修正に対して閉じて (closed) いなければならない
という設計上の原則である。
開放/閉鎖原則 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/開放/閉鎖原則
ということで正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿