ようへい

2017年9月15日金曜日

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問59

販売管理システムにおいて、起票された受注伝票が漏れなく、重複することなく入力されていることを確かめる監査手続のうち、適切なものはどれか。
  1. 受注データから値引取引データなどの例外取引データを抽出し、承認の記録を確かめる。
  2. 受注伝票の入力時に論理チェック及びフォーマットチェックが行われているか、テストデータ法で確かめる。
  3. プルーフリストと受注伝票との照合が行われているか、プルーフリスト又は受注伝票上の照合印を確かめる。
  4. 並行シミュレーション法を用いて、受注伝票を処理するプログラムの論理の正当性を確かめる。
解法
プルーフリスト
プルーフリストとは、入力データを処理・加工せずそのまま印刷したもの。会計ソフトなどにプルーフリストの出力機能が組み込まれていることが多い。
プルーフリストとは - IT用語辞典
http://e-words.jp/w/プルーフリスト.html
受注伝票のチェックにはプルーフリストを用いる。
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿