ようへい

2017年9月23日土曜日

平成27年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問5

デザインパターンの中のストラテジパターンを用いて、帳票出力のクラスを図のとおりに設計した。
この帳票出力ストラテジクラスの説明として、適切なものはどれか。
平成27年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問5
  1. クライアントは、使用したいフォーマットに対応する、帳票出力ストラテジクラスのサブクラスを意識せずに利用できる。
  2. 新規フォーマット用のアルゴリズムの追加が容易である。
  3. 帳票ストラテジクラスの中で、どのフォーマットで帳票を出力するかの振分けを行っている。
  4. 帳票出力のアルゴリズムは、コンテキストクラスの中に記述する。
解法
Strategy パターン
Strategy パターンは、コンピュータープログラミングの領域において、アルゴリズムを実行時に選択することができるデザインパターンである。
ポリモーフィズムを持たないようなプログラミング言語では、このパターンによって解決される問題は、関数ポインタや委譲を使った記述によりリフレクションの形態で扱われる。
Strategy パターンは、アプリケーションで使用されるアルゴリズムを動的に切り替える必要がある際に有用である。Strategy パターンはアルゴリズムのセットを定義する方法を提供し、これらを交換可能にすることを目的としている。Strategy パターンより、アルゴリズムを使用者から独立したまま様々に変化させることができるようになる。
Strategy パターン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Strategy_パターン
ということで正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿