ようへい

2017年9月18日月曜日

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問72

かんばん方式の運用方法はどれか。
  1. 前工程が生産完了した後、生産量を記載したかんばんとともに部品を後工程に供給する。
  2. 前工程は後工程から回ってくるかんばんの指示量に備え、自工程の在庫を最小限に抑えながら生産しておく必要がある。
  3. 前工程は後工程の引取り時期やかんばんの指示量が大きく変動しても、対応できる生産能力の余力をもつ必要がある。
  4. 前工程は故障などによる後工程への供給量不足に備え、平均故障時間で生産される部品の量を、かんばんの指示量に加算して、後工程に供給する。
解法
かんばん方式
トヨタ生産方式では、「かんばん方式」という独創的な生産管理方式が重要な役割を果たしています。
「かんばん方式」は、かつて「スーパーマーケット方式」ともいわれ、まさにスーパーマーケットからヒントを得て考案されました。スーパーマーケットや量販店では、商品名、品番、置き場所など、商品に関する情報が記載されている商品管理用のカードが使われています。これをトヨタでは「かんばん」と称し、生産管理の工程に道具として使用したことから、「かんばん方式」と呼ばれるようになりました。トヨタ自動車では、後工程が前工程に部品を調達しに行く際に、何が使われたかを相手に伝える道具として、「かんばん」を利用しています。
トヨタ | トヨタ生産方式 | ジャスト・イン・タイムについて
http://www.toyota.co.jp/jpn/company/vision/production_system/just.html
「必要なものを必要な時に必要なだけつくって運ぶ」という仕組みがあり、それを実行する道具として「かんばん」というものを使っています。この「かんばん」にはいつ、どこで、何が、どれだけ使われたかが書いてあるカードです。部品箱1つ1つに「かんばん」がついていて、部品を1つ使うと「かんばん」をはずします。組み立て工場では定期的にこのはずされた「かんばん」を回収して部品工場へ届けます。部品工場の人は、「かんばん」に書かれた数の部品をつくります。こうすることにより、部品工場はつくり過ぎのムダがなくなり、組み立て工場は使わない部品を置くスペースのムダがなくなるんですよ。
トヨタ | かんばん方式とは何ですか?
http://www.toyota.co.jp/jp/kids/faq/d/01/02/
選択肢を見ていく
ア は生産完了した後に後工程に供給しているのでハズレ
イ はあってそう
ウ 変動させないようにするのもかんばん方式の特徴らしい。よってハズレ
エ は無駄が発生するのでハズレ
正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿