ようへい

2017年9月19日火曜日

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問75

経営会議で来期の景気動向を議論したところ、景気は悪化する、横ばいである、好転するという三つの意見に完全に分かれてしまった。
来期の投資計画について、積極的投資、継続的投資、消極的投資のいずれかに決定しなければならない。
表の予想利益については意見が一致した。
意志決定に関する記述のうち、適切なものはどれか。
予想利益(万円) 景気動向
悪化 横ばい 好転
投資計画 積極的投資 50 150 500
継続的投資 100 200 300
消極的投資 400 250 200
  1. 混合戦略に基づく最適意志決定は、積極的投資と消極的投資である。
  2. 純粋戦略に基づく最適意志決定は、積極的投資である。
  3. マクシマックス原理に基づく最適意志決定は、継続的投資である。
  4. マクシミン原理に基づく最適意志決定は、消極的投資である。
解法
混合戦略(こんごうせんりゃく)
mixed strategy
ゲーム理論の用語で、与えられた状況で取り得る選択肢の中からその都度異なる行為を実行するタイプの戦略のこと。各プレーヤーの混合戦略の割合(実施する行為の組みわせ確率分布)を最適化することで、そのゲームは均衡する。対語は純粋戦略である。
情報システム用語事典:混合戦略(こんごうせんりゃく) - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0901/08/news150.html
純粋戦略(じゅんすいせんりゃく)
pure strategy / 純戦略
ゲーム理論の用語で、与えられた状況における打ち手として毎回同じ行為のみを行うタイプの戦略をいう。またはその固定された打ち手やパターン自体を純粋戦略と呼ぶこともある。対語は混合戦略である。
情報システム用語事典:純粋戦略(じゅんすいせんりゃく) - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0901/08/news147.html
マキシミン原理 マキシミンげんりmaximin principle
合理的選択の準則の一つで,ある行為をとった場合にその行為がもたらすであろう最悪の事態を比較して,そのなかで最も害悪の少い選択肢を選ぼうとする行動様式をさす。
マキシミン原理(マキシミンげんり)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/マキシミン原理-169868
ア イ はゲーム理論の用語なので除外。
ウ のマクシマックス原理は好都合になるものになるという考えの原理。すべてが良くなると考えると、積極的投資は好転の 500。継続的投資も好転の 300。積極的投資は悪化の 400。
この中で最大の 積極的投資 の 500 が予測利益となる。継続的投資ではないのでハズレ。
エ のマキシミン原理は不都合になるものになるという考えの原理。それぞれ最悪のものを選ぶ。積極的投資は悪化の 50。継続的投資は悪化の 100。積極的投資は好転の 200。
この中で最大の 積極的投資 の 200 が予想利益となる。
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿