ようへい

2017年9月9日土曜日

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問1

JIS X 0160 で規定しているテクニカルプロセスにおける、システム要求事項分析プロセスの成果はどれか。
  1. システムの要素を識別し、定義された要求事項を満たすシステム方式設計が定義されている。
  2. システム要求事項の優先度に従ってシステムを結合するための戦略が、作成されている。
  3. システム要求事項は、影響のあるすべての当事者へ伝えられ、ベースラインとなっている。
  4. システム要求事項への適合を評価するための基準が作成されている。
解法
6.4.2.2
成果
システム要求事項分析プロセスの実施に成功すると次の状態になる。
a) 解決することが望ましい問題を記述したシステムの機能要求事項及び非機能要求事項の定義された集合が確立されている。
b) 選択されたプロジェクトソリューションを最適化するために適切な手法が実行されている。
c) システム要求事項が正確性及びテスト可能性について分析されている。
d) 運用環境でのシステム要求事項の影響が理解されている。
e) 必要に応じて,要求事項が優先順序付けられ,承認され,更新されている。
f) 一貫性及び追跡可能性がシステム要求事項と顧客の要求事項のベースラインとの間に確立されている。
g) ベースラインの変更は,コスト,スケジュール及び技術的影響に対して評価されている。
h) システム要求事項は,影響のある全ての当事者へ伝えられ,ベースラインとなっている。
JIS X 0160:2012 ソフトウェアライフサイクルプロセス
http://kikakurui.com/x0/X0160-2012-01.html
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿