ようへい

2017年9月10日日曜日

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問13

ユースケース駆動開発の利点はどれか。
  1. 開発を反復するので、新しい要求やビジネス目標の変化に柔軟に対応しやすい。
  2. 開発を反復するので、リスクが高い部分に対して初期段階で対処しやすく、プロジェクト全体のリスクを減らすことができる。
  3. 基本となるアーキテクチャをプロジェクトの初期に決定するので、コンポーネントを再利用しやすくなる。
  4. ひとまとまりの要件を1単位として設計からテストまでを実施するので、要件ごとに開発状況が把握できる。
解法
ユースケース駆動開発 は、ユースケースで明らかになったインプット、アウトプット機能をひとまとまりの要件として開発する手法。
よって正解は

それ以外は
ア がスパイラルモデル。
イ がインクリメンタルモデル。
ウ がアーキテクチャ中心設計。
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿