ようへい

2017年9月10日日曜日

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問18

RAID 1~5の方式の違いは、何に基づいているか。
  1. 構成する磁気ディスク装置のアクセス性能
  2. コンピュータ本体とのインタフェースの違い
  3. 磁気ディスク装置の信頼性を示すMTBFの値
  4. データ及び冗長ビットの記録方法と記録位置の組合せ
解法
RAIDは,アクセスの高速化と信頼性の向上の二つを目的とした技術です。データおよび冗長ビットの記録単位にはバイト単位やブロック単位などがあり,冗長ビットをどこに記録するかもいくつか方法があります。そして,これらの組合せによってRAIDの番号が決まります。
全問解説◆基本情報技術者試験 - RAID1~5の各構成は,何に基づいて区別されるか:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090723/334363/
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿