ようへい

2017年9月11日月曜日

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問20

グラフは、ある非修理系の製品の、時刻0から時刻 $t$ までの間の累積故障率(全製品数を分母として、時刻0から時刻 $t$ までに故障した製品数を分子とした割合)を示したものである。
時刻0付近のグラフ形状からこの製品の故障率について読み取れるものはどれか。
平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問20
  1. 故障率は、0に近い値からしばらくの間は時間とともに増加する。
  2. 故障率は、ある時刻まで一定で、その後時間とともに減少する。
  3. 故障率は、ある正の値から時間とともに減少し、限りなく0に近づく。
  4. 故障率は、時刻によって変化することなく、ある正の定数のまま一定である。
解法
非修理系は、再生不能なアイテム、使い捨て品を指す。
累積故障率は、問題文に書いてある通り。
悲修理系なので、いつかはすべての製品が壊れる。
故障率は時間とともに減少もしないし、修理ができないから0にもならない、時刻によって変化しており一定ではない。
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿