ようへい

2017年9月8日金曜日

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問46

UMLのユースケース図の説明はどれか。
  1. 外部からのトリガに応じて、オブジェクトの状態がどのように遷移するかを表現している。
  2. クラスと関連から構成され、システムの静的な構造を表現している。
  3. システムとアクタの相互作用を表現している。
  4. データの流れに注目してシステムの機能を表現している。
解法
ユースケース図とは、UMLで定義されている図のうちの1つである。
概要
システムに対する要件を特定するために使用される。 システムには、どのようなアクタ(利用者)が存在するのか、 それぞれのアクタはどういった操作(ユースケース)をするのかを記述できる。 一般的に、ユースケース図はシステムの要求を定義する際に利用される。
ユースケース図 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ユースケース図
よって正解は
ア はステートマシン図
イ はクラス図
エ はデータフロー図(Data Flow Diagram、DFD)
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿