ようへい

2017年9月8日金曜日

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問51

PMBOK の統合変更管理プロセスにおいて、プロジェクトのプロダクト、サービス、所産、構成要素などに対する変更と実施状況を記録・報告したり、要求事項への適合性を検証する活動を支援したりする活動はどれか。
  1. アーンド・バリュー・マネジメント
  2. コンフィギュレーション・マネジメント
  3. コンフリクト・マネジメント
  4. ポートフォリオマネジメント
解法
「構成」の原語は英語の“configuration”で、設計図や仕様書として明示され、その後に製品・製品部品として具体化される機能的・物的特性を指す。中長期に利用される製品は製造・試験・実用と段階を経る中で部品交換・改修・技術革新などによって、製品・製品部品の機能的・物理的特性が初期設計と異なるものに変更される場合がある。このような製品の変更が要求仕様と整合するように構成を計画・記録・統制・監査する管理活動を「構成管理」という。「形態管理」「型式管理」「設計変更管理」という場合もある。
情報システム用語事典:構成管理(こうせいかんり) - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0908/04/news097.html
よって正解は それ以外は、
アーンド・バリュー・マネジメント(英: Earned Value Management, EVM)とは、予算および予定の観点からプロジェクトがどのように遂行されつつあるかを定量的に評価するプロジェクト管理の技法である。
アーンド・バリュー・マネジメント - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アーンド・バリュー・マネジメント
コンフリクトマネジメントとは、職場で発生する利害の衝突・対立を、組織の成長や問題解決につなげようとする取り組みです。 表だって触れたくないネガティブなテーマを、積極的に生かす手法で、職場のコミュニケーションが改善したり、結束が強固になったりする効果があります。
「コンフリクトマネジメント」とは? | 利害の衝突を問題解決へ生かし、職場のコミュニケーションを改善する方法 - カオナビ人事用語集
https://www.kaonavi.jp/dictionary/conflict-management/
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(略称PPM)とは経営資源を最適に配分することを目的として、ボストン・コンサルティング・グループが1970年代に提唱したマネジメント手法。 製品ライフサイクルと製品製造現場における経験曲線効果の概念を元にした経営理論。
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿