ようへい

2017年9月8日金曜日

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問53

過去のプロジェクトの開発実績から構築した作業配分モデルがある。
システム要件定義からシステム内部設計までをモデルどおりに進め、228日で完了してプログラム開発を開始した。
現在、200本のプログラムのうち100本のプログラム開発を完了し、残りの100本は未着手の状況である。
プログラム開発以降もモデルどおりに進捗すると仮定するとき、プロジェクト全体の完了まであと何日かかるか。
ここで、各プログラムの開発にかかる工数および期間は、すべてのプログラムで同一であるものとする。
[作業分配モデル]
システム
要件定義
システム
外部設計
システム
内部設計
プログラム
開発
システム
結合
システム
テスト
工数比 0.17 0.21 0.16 0.16 0.11 0.19
期間比 0.25 0.21 0.11 0.11 0.11 0.21
  1. 140
  2. 150
  3. 161
  4. 172
解法
要件定義からシステム内部設計まで終わっているので、その比率を足す。
$0.25 + 0.21 + 0.11 = 0.57$
また、実際にかかったに数は 228 日なので全体の日数は
$228 \div 0.57 = 400$
プログラム開発は半分終わってるので、完了分の期間比は
$0.57 + 0.11 \div 2 = 0.625$
日数は
$400 \times (1 - 0.625) = 150$
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿