ようへい

2017年9月8日金曜日

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問60

金融庁の❝財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準❞における❝ITへの対応❞に関する記述のうち、適切なものはどれか。
  1. IT環境とは、企業内部に限られた範囲でのITの利用状況である。
  2. ITの統制は、ITに係る全般統制およびITに係る業務処理統制から成る。
  3. ITの利用によって統制活動を自動化している場合、当該統制活動は有効であると評価される。
  4. ITを利用せず手作業だけで内部統制を運用している場合、直ちに内部統制の不備となる。
解法
ITの統制の構築 
経営者は、自ら設定したITの統制目標を達成するため、ITの統制を構築する。 
ITに対する統制活動は、全般統制と業務処理統制の二つからなり、完全かつ正確な情報の処理を確保するためには、両者が一体となって機能することが重要となる。
財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の改訂に関する意見書
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/tosin/20110330/01.pdf
よって正解は
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿